お役立ちコラム

カテゴリーお知らせ

  • お知らせお知らせ
  • 観光情報観光情報
  • 登山情報登山情報
  • プラン情報プラン情報
  • 湯の本の様子湯の本の様子
  • メディア情報メディア情報
  • すべての記事すべての記事

湯の山温泉の蒼滝(あおたき)への行き方・ 駐車場情報

蒼滝 あおたき

三重県 湯の山温泉での周辺散策といえば、

  • 御在所ロープウェイ
  • 大石公園
  • 蒼滝

3つが、代表的なおすすめスポットです。

中でも蒼滝 (あおたき) は、2009年9月のゲリラ豪雨によって、滝までの遊歩道が崩壊し甚大な被害を受け、近寄ることもできませんでした。

現在は河川工事も終了し、川の流れも落ち着きました。

以前は、蒼滝までのコースに東海自然歩道が通っていたものの、今は裏登山道を一部利用してのアクセスのみとなっています。

少し山道を歩きますので、軽く汗を流すほどの運動になると思います。

チラッと見るだけでしたら「湯の山かもしか大橋」の中間辺りから、御在所岳を見て下の方に視線を下すと、蒼滝が流れているのを遠くに見ることができます。

蒼滝は、緑の樹々に囲まれた中にあり、水飛沫と共に 落差約50mの高さの滝が目に飛び込んできます。

天気の良い暑い日には、涼を求めて、カップル・ご夫婦・家族連れが、蒼滝まで散策しているのをよく見かけます。

この記事では、御在所ロープウェイ最寄りの温泉旅館『ホテル湯の本』の営業企画責任者として勤務している私が、湯の山温泉の蒼滝について解説します!

蒼滝への行き方

蒼滝

御在所ロープウエイ乗り場から蒼滝までは、徒歩で片道約30分です。

裏登山道を歩き、尾根を一つ越えて、階段を下りたところに蒼滝があります。

 

まず、御在所ロープウエイ山麓駅の横を通り、階段を少し下りて小道を進みます。

200mほど行ったところに、御在所岳の裏登山口があります。

▼この裏登山道から登ります

裏登山口

▼蒼滝まで0.2kmと書かれていますが、実際はもっと歩くと思います

裏登山口の標識

登山口の階段を上り、歩きやすい道をジグザクと進んで行くと、途中の開けた箇所から、御在所ロープウェイが動いているのを見ることができます。

そこから少し上がると、蒼滝不動尊が祀られている尾根上に出ます。

隣接している茶屋は、ひっそりと閉まっていますが、昔は多くの人が訪れた形跡があり、湯の山温泉が有数の観光地だったことを思わせます。

▼尾根上にある蒼滝不動尊

蒼滝不動尊

さらに左奥に続く道に進むと、すぐに標識がある分岐点が出てきます。

蒼滝へ下りる階段と、そのまま御在所岳に登る裏登山道の分かれ道です。

▼蒼滝への分かれ道 (階段を下ります)

裏登山道と蒼滝の分岐点

蒼滝までは、下りの長い階段が続いています。

落ち葉で足元が滑らないよう、気を付けてください。

一部手すりが朽ちていますので、慎重に下っていきましょう。

帰りは、この階段を上って来た道を戻ります。

▼蒼滝まで、長い階段を下りていきます

蒼滝への階段(イメージ)

下まで行くと、滝の音が聞こえ、左手に蒼滝が現れます。

ごつごつした花崗岩がありますので、大きな岩の上に登って、蒼滝をバックに写真を撮るのもおすすめです。

滝つぼに近づきすぎると、カメラのレンズが飛沫で濡れるかもしれません。

▼ここから蒼滝の滝つぼを見ることができます

蒼滝の展望スポット

▼蒼滝と花崗岩の岩々のコントラストが綺麗です

蒼滝の全体の雰囲気

注意点

  • ルートは整備されていますが、サンダルやヒールでは危ないため、スニーカーなどの運動靴でお出かけください。
  • 大きな岩の上は滑りやすいので、注意してください。
  • 大雨の降った後は水量が増してとても危険ですので、滝には近寄らないでください。

 

▼蒼滝までの道案内動画を、YouTubeにUPしました

 

蒼滝の駐車場情報

水害被害がある前は、公共駐車場の蒼滝駐車場 (湯の山かもしか大橋の橋脚のたもと/無料) に停めて遊歩道を歩き、蒼滝まで行くことができました。

残念ながら、現在は蒼滝までの遊歩道が通行不可であるため、蒼滝駐車場から直接蒼滝までアクセスできません。

そのため、一番近くて便利な駐車場は、御在所ロープウェイ乗り場前の「御在所ロープウエイ駐車場」で、ちょうど『ホテル湯の本』の向かいにあります。

鈴鹿スカイラインから「湯の山かもしか大橋」を渡って右折すると、右手に出てきます。

御在所ロープウエイ駐車場 (有料)

ロープウェイ山麓駅前の立体駐車場で、約250台24時間いつでも停めることができます。

御在所ロープウェイ駐車場

駐車料金は有料で、1,000円かかります。お釣りが出ないので注意してください。

 

まとめ

蒼滝の滝つぼ

  • 蒼滝は、湯の山温泉の散策スポット
  • 落差約50m
  • 徒歩で片道約30分
  • 御在所ロープウエイ駐車場が便利

湯の山温泉街に流れている三滝川は、名前の通り、上流に3本の滝があることから名づけられました。

その内のひとつが「蒼滝」です。

観光客から “そうたき” と間違われることも多いですが、正しくは “あおたき” です。

鈴鹿の川は、白い花崗岩と清流がとても爽やかさを感じさせてくれます。

ちなみに、蒼滝の名前の由来は、「花崗岩の白い岩肌が蒼く光って見えた」という説があります。

蒼滝の正確な高さは分かりませんが、落差約50m、幅10mといわれています。

ゲリラ豪雨の被害に遭ったときは、滝つぼが土砂で埋まりましたが、月日が経つにつれて、滝つぼも復元されました。

滝の傍まで行くと、水飛沫と落水時の風が、清涼感を感じさせてくれます。

蒼滝散策だけでなく、ロープウェイに乗って、御在所岳の山上散策も合わせると、湯の山温泉の自然を丸一日満喫できます。

*:*:*

湯の山温泉には、気軽に立ち寄れる日帰り入浴のできる施設が数多くあります。

忙しくて宿泊まではできない方でも、日帰り温泉で、日頃の疲れをゆっくりと癒してみてはいかがでしょうか。

 

ロープウェイで下山後、山麓駅のすぐ目の前にある『ホテル湯の本』でランチタイムはいかが?

▼お食事処で会席料理を気軽に楽しめる、ミニ会席プラン。ボリュームも程よくあり、リピーターも多いです。

ホテル湯の本 昼食一例(ミニ会席)

ランチと一緒に楽しみたいのが温泉

登山の後は、開放感ある温泉で汗を流して、景色を眺めながら疲れた身体を労わりましょう!

▼ホテル湯の本の絶景露店風呂。湯舟にゆっくり浸かってホッと一息…

ホテル湯の本 露天風呂(イメージ)

▼御在所岳の麓から、木曽三川河口エリアから名古屋方面を一望!天気が良ければ、遠くに恵那山、御岳山も見えます。

ホテル湯の本 露天風呂イメージ

ホテル湯の本 大浴場(イメージ)

▼御在所ロープウェイまで徒歩1分!『ホテル湯の本』の日帰りランチ&温泉プランはこちら

日帰りプラン

 

あわせて読みたい御在所記事

【関連】御在所岳登山で知っておくべき基本情報まとめ
【関連】御在所ロープウェイ施設内のおすすめショップ&レストラン
【関連】御在所ロープウェイ周辺を散策&ハイキング~おすすめ観光ルート~

 

あわせて読みたい登山記事

【関連】御在所岳登山で知っておくべき基本情報まとめ
【関連】国見岳登山で知っておくべき基本情報まとめ
【関連】鎌ヶ岳登山で知っておくべき基本情報まとめ
【関連】菰野富士の登山・ハイキング情報まとめ

 

登山客を応援!

ホテル湯の本は、
あなたの山登りをサポートします!

  • 御在所ロープウェイ乗り場まで、ホテルから徒歩1分
  • 御在所岳 裏登山口まで徒歩3分、中登山口まで徒歩30分
  • トレッキングプランは、
    中登山口まで無料送迎つき
    ※公式サイト予約限定特典、
    冬季(鈴鹿スカイラン通行止め期間)は不可
  • チェックイン前・チェックアウト後も、駐車場利用可能
  • 翌日に登山する場合、
    登山後の温泉入浴可能

この記事を
書いた人

伊藤

伊藤

御在所ロープウェイ最寄りの温泉旅館「ホテル湯の本」の営業企画責任者として勤務。趣味は登山とスノーボード。若いころは山岳部だったこともあり、鈴鹿の山々を歩いています。

YouTubeにて、
登山情報を発信中!

一覧へ戻る

お問い合わせ・ご予約はこちら

  • tel.059-392-2141
  • 宿泊プラン
  • 日帰りプラン
予約前見学で安心!360℃貸切風呂&露天風呂VR見学 LINE@ お得情報配信中! Facebook Instagram
ページトップへ