ブログ

カテゴリーお知らせ

  • お知らせお知らせ
  • 観光情報観光情報
  • 登山情報登山情報
  • プラン情報プラン情報
  • 湯の本の様子湯の本の様子
  • メディア情報メディア情報
  • すべての記事すべての記事

氷のモンスター(氷瀑)と御在所岳の真っ白な樹氷

御在所ロープウエイで上がった山頂には

水を霧状にとばして作った氷瀑(ひょうばく)や

降雪や気温などの気象条件がそろったときにできる

樹氷を見ることができます。
御在所岳の詳細はこちらをチェック

◎豆知識
【氷瀑(ひょうばく)】
氷瀑とは、御在所岳の山頂で気温が氷点下になる日に、水を霧状にして吹きつけて「氷の塊」を大きくしたものです。
最終的には、「高さ10m」「横幅20m」「厚み3m」ほどの巨大な氷のオブジェとなります。
この氷瀑は冬の風物詩として、1981年(昭和56年)から毎年造り続けています。
※場所:御在所岳山上 レストランアゼリア東側の展望台

【2016-2017氷瀑づくりついて/氷瀑づくりに携わっている職員にインタビュー】
12月中旬の氷点下になる時期に放水を始める。
しかしその後、気温上昇とともに崩壊。
12月下旬の冷え込み時に再び放水。冷え込みが続き、厚みがでてきた。
その後、気温が若干上昇した日があったが、崩れる部分は少なかった。
1月初旬からは気温の上昇、風向きを気にしながら表面だけでなく、裏面にも放水。
1月中旬の大寒波では放水ホースが雪に埋まり苦労した。
1月21日からの寒波により氷点下の日続き、本日25日に完成。
今度、この完成した氷瀑を維持することも氷瀑作業の一環である。

氷瀑づくり作業員の仕事ぶりを思い出しながらみると

もう一味ちがって感じられるかもしれませんね。

ホテル湯の本はご昼食のみもお受けしております。

ロープウエイと昼食をセットで日帰りコースもご検討くださいませ。

電車でお越しの方は、最寄り駅まで送迎もしております。

一覧へ戻る

お問い合わせ・ご予約はこちら

  • tel.059-392-2141
  • プランご予約
予約前見学で安心!360℃貸切風呂&露天風呂VR見学 LINE@ お得情報配信中! Facebook Instagram
ページトップへ